正しいブリーチ後のケアを解説!おすすめアイテムも紹介

正しいブリーチ後のケアを解説!おすすめアイテムも紹介

ブリーチをすると鮮やかなハイトーンを楽しむことができる反面、髪がどうしてもパサパサと傷んでしまいますよね。さらに傷みを放っておくと、髪を染めたばかりのきれいな色味が損なわれてしまうことも少なくありません。

そこで今回は、ブリーチ後に大切なケア方法について徹底解説。自宅でできる基本のヘアケアと、おすすめのアイテムをご紹介していきます。

ブリーチ後は正しいケアが必須

ブリーチ

ここ数年でどんどんと人気が高まっているハイトーンカラー。ブリーチでしか出せない鮮やかな色味には、なんだか特別感がありますよね。

しかしそんな一方で、ブリーチをした髪はとても傷みやすく、しっかりとケアしないとすぐに色落ちしてしまうのがネック...。特に頻繁にハイトーンカラーを楽しみたい人にとって、日々のケアは髪の健康を守るためにも大切な瞬間のひとつです。

ぜひ以下から、しっかりと正しいブリーチ後のケアについて学んでいきましょう。

正しいブリーチケア3STEP

ブリーチ後のケアの基本となるのが、シャンプーからの3STEPです。カラーをしっかりと定着させるため当日のシャンプーは避け、約48時間経過後に以下の手順でケアを行ってみてください◎

①シャンプーとトリートメントを変える

色を長持ちさせたい場合は、ケア効果がしっかりあるカラーシャンプーを使うのがおすすめです。トリートメントに関しては、通常のものよりも保湿効果に特化したものを選びましょう。

注意:市販で販売しているような洗浄力が強い製品を使うと、髪が傷んでしまうのはもちろん色が抜けやすくなってしまいます。

また、染めたての染料は熱に弱いという特徴があります。そのため、高温のシャワーではなくぬるま湯ですすぎをするのも重要なポイント。お湯の温度を低めに設定するだけでも、ある程度カラー剤の流出を防ぐことができます。

②洗い流さないトリートメントで徹底ケア

お風呂やシャワーから上がったら、まずはドライヤーの前に洗い流さないトリートメントを髪に馴染ませましょう。大切なのは、必ずドライヤーの前にオイルやミルクを塗布しておくこと。

こうすることで、ドライヤーの熱ダメージから髪をコーティング、保護することができるんです。傷みが顕著に出やすい毛先を特に重点的に◎

③ドライヤーでしっかり髪の内側を乾かす

熱ダメージを気にしてドライヤーをしないのは絶対にNG!濡れた髪がとても繊細な状態であるのはもちろん、髪が生乾きのまま寝てしまうと頭皮や髪に雑菌が繁殖してしまいます。

また、このとき毛先に熱い風を当てすぎてしまうと、かえって髪がパサくオーバードライという状態になってしまうことも。髪を乾かす際は内側と根本を中心にしましょう。髪を乾かし終えたら、お好みでもう一度オイルやミルクを重ね付けしてもOKです。

ブリーチ後のケアにはケラスターゼ!

ケラスターゼの中でも、ブロンドアブソリュシリーズは、ハイトーンカラーケアに特化したスペシャルシリーズです。今回はその中でも特に効果が期待できるアイテムを厳選してピックアップしました。

BL ソワン シカフラッシュ

ヒアルロン酸を配合したソワン シカフラッシュは、ブリーチで硬くなった髪に柔らかさを与えてくれるデイリーケアトリートメントです。ダメージ補修はもちろん、色持ち補正や毛先の保湿、ハイトーン後のトータルケアがこれ1本で完了しますよ。

BL マスク ブロンドアブソリュ(紫色素入り)

紫色素入りのヘアマスクは、ブリーチ後の黄ばみが気になる方にもおすすめのアイテム。綺麗なハイトーンを保ってくれるだけでなく、抜群のトリートメント効果が髪質を柔らかく滑らかな状態へと整えます。

オラプレックスでサロン帰りの髪へ◎

こだわり抜いた独自の毛髪補修処方で、ブリーチ後のケアの定番とも言われるオラプレックス。自分の髪質に寄り添った最適なアイテムを使うことで、ブリーチ後も見違えるようなきれいな質感が続きます。

No.3 ヘアパーフェクター

ブリーチによって蓄積されたダメージをリセットする役割のあるNo.3。週に1〜2回のスペシャルケアとして髪をトリートメントするだけで、毛髪内部の結合分子にまで働きかけることができます。公式では、No.0との併用が推奨されています。

No.4P トーニングシャンプー

濃厚な紫色素を含んだ、ハイトーンケアに最適な1本です。ダメージケアをしながらしっかりと黄ばみにアプローチして、色味をコントロールすることができます。ブリーチケアやハイトーンだけでなく、グレイヘアやアッシュカラーにもGOOD。

No.7 ボンディングオイル

ヒートプロテクト機能があるNo.7ボンディングオイル。ドライヤー前につけることで髪を保護しながら、艶のある質感へと導いてくれます。軽めの使い心地で、レングスや髪質を選ばずに使えるのが嬉しい◎

正しいケアでカラーをキープ

ブリーチ後はいつも以上にヘアケアに力を入れることで、できるだけ長く綺麗な髪色を楽しむことができます。闇雲にカラーシャンプーを使うよりも、まずは毎日のケアや現状で使っているアイテムを見直すことも大切かもしれません。ぜひ本記事を参考に、正しいブリーチ後のケアを習慣にしてくださいね。


ケラスターゼ【カールマニフェストクレームドジュール】で美パーマをキープ
注目のメンズパーマとは?おすすめの種類&ダメージケア製品も紹介
注目のメンズパーマとは?おすすめの種類&ダメージケア製品も紹介
お悩み別【オラプレックス】おすすめの組み合わせ|使い方の手順も解説